人工衛星を活用した農地調査サービス、パスコが開始

宇宙 企業動向
「農地利用状況調査支援サービス」で提供する図面例
「農地利用状況調査支援サービス」で提供する図面例 全 4 枚 拡大写真
パスコは、人工衛星を活用した「農地利用状況調査支援サービス」を8月から提供開始した。

サービスは、人工衛星で撮影した調査年度の2時期の1.5m解像度の画像と農地地番図(農政機関から借用)を重ね合わせた調査用の基礎資料を、PDFファイルと現地調査用図面により提供する。調査用の基礎資料にはリモートセンシング技術を利用した、農作物を含む植物の強調表示(近赤外画像)の資料も提供する。これによって利用状況調査の効率向上を支援するもの。

4月~8月の間、日本全国を人工衛星で複数回撮影、撮影成果を保存しているため、8月からの調査開始時点の作付前の比較が容易にできる。作付け時期を考慮した2時期の人工衛星画像を用いて、作付前の状況と作付後の状況を比較して、農地利用マップを自動で作成する。

携帯性や保存性など、利便性を考慮し、PDFファイルを提供する。また、全域を任意の縮尺でレイアウトした管内図もPDFファイルで提供する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/08/09/279850.html/article/2016/08/09/279849.html/article/2016/08/09/279851.html