【ジャガー F-PACE 試乗】その名に恥じないピュアスポーツらしさの“S”…諸星陽一

試乗記 輸入車
ジャガー F-PACE S
ジャガー F-PACE S 全 10 枚 拡大写真
ジャガー初のSUVとなる『F-PACE(Fペイス)』の3リットルガソリンエンジンには、340馬力と380馬力の仕様が用意される。1割強のパワー差だが、組み合わされるシャシーの違いもありそのフィーリングはかなりスポーティだ。

SUVとは“Sport Utility Vehicle”の略。まあ簡単に言えば、走って楽しい荷物も人も乗れるクルマ…ってことになる。F-PACEのSは、そのグレード名“S”が示すとおり、SUVのなかでもS、つまりスポーツ性を重視したモデルと言っていい。搭載されるエンジンは、もっともパワフルな仕様で380馬力/450Nmという高性能さ。じつに1リットルあたり、127馬力を発生することになる。セダンの『XF S』と同じエンジンスペックだがXFがFRであるのに対し、F-PACEは4WDとなるのでより安定性が高い。

アクセルペダルをグイッと床まで踏み込んでも、安定感を保ったまま前へ前へと加速して行く。Sグレードにはアダプティブダイナミクスと呼ばれる電子制御サスペンションが装備されていて、姿勢を水平に保つように働くのでボディの安定感はバツグンにいい。ミッションはコンベンショナルなタイプだが、8速と多段化されているため各段のつながりはスムーズ。アップ時もダウン時も変速ショックを感じることはない。

さらにコーナリングのシャープさも見逃せない。走行モードを「ダイナミック」にすることで、ステアリングフィールは重みを増したしっかりとしたものとなる。つまり、じっくりと小さい舵角をコントロールしやすくなるわけだ。この状態でワインディングを走るのがじつに小気味よく気持ちいい。トルクベクタリングの働きもあり、ニュートラルステアに近いコーナリング特性を示す。ロールも少なめだ。

Sグレードはタイヤが265/40R22とかなり扁平率の低いものがチョイスされている。しかもブランドはピレリのPゼロと、完全にオンロード指向。車高は高いが、細部までピュアスポーツらしい仕上がりであることは言うまでもない。

車両本体価格は981万円。「35t R-スポーツ」よりも132万円ほど高いが、トップグレードということを考慮すれば妥当。プレミアムSUVらしい価格と言える。

パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★



諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。

《諸星陽一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/08/10/279958.html/article/2016/08/10/279957.html/article/2016/08/11/279959.html