台風9号、JAFへのロードサービス依頼は534件

自動車 ビジネス 国内マーケット
JAFによる冠水路の走行テスト(参考画像)
JAFによる冠水路の走行テスト(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
JAFは8月24日、台風9号の影響と思われるロードサービス依頼件数を発表した。

8月22日から23日にかけて、関東以北に大きな被害をもたらした台風9号に起因すると思われる車両の冠水・落輪など、ドライバーからJAFに寄せられた救援依頼は534件にのぼった。

依頼内容別では、冠水車両牽引が345件、落ち込み(引き出しのみ)が32件、落ち込み(牽引必要)が15件、落輪1輪および落輪2輪が各71件。エリア別では埼玉県内での冠水車両救援要請が199件と、突出して多く、被害の大きさが明らかになった。

JAFではドライバーに対し、今後発生が予想される台風に注意を促すとともに、冠水車両の実験動画等を活用して注意喚起を図っていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 鈴鹿サーキット(10月9日)
  • 総合優勝したチームレッドゾーン
  • 優勝したJAGつくばソーラーカーチーム
  • イメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/08/25/280585.html/article/2016/08/25/280584.html/article/2016/08/25/280586.html