ダイハツ、スマートアシスト搭載車が100万台…3年7か月で達成

自動車 テクノロジー 安全
ダイハツ タント
ダイハツ タント 全 2 枚 拡大写真
ダイハツ工業は、軽自動車および小型乗用車に採用している衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2016年7月末時点で100万台を達成したと発表した。

スマートアシストは、2012年12月発売の『ムーヴ』から採用を開始し、2015年4月に「スマートアシストII」として進化。ダイハツが販売している軽自動車や小型乗用車に搭載している。

現在、ダイハツの軽乗用車ではムーヴ、『タント』、『ミラ イース』、『ウェイク』、『キャスト』、軽商用車では『ハイゼット キャディー』、小型乗用車では『ブーン』の合計7車種にスマートアシストを採用。スマートアシスト採用車両での搭載比率は7割を超えており、その機能と低価格の両立で多くのユーザーから支持を得ている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ
  • タフトに採用された電動パーキングブレーキ機構付きドラムブレーキ
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ