国産初の油圧ショベル「ユンボ」、未来技術遺産に選定

自動車 ビジネス 企業動向
国産初の油圧ショベル Y35 ユンボ
国産初の油圧ショベル Y35 ユンボ 全 1 枚 拡大写真
キャタピラージャパンは9月6日、国産初の油圧ショベル「Y35」が国立科学博物館重要科学技術史資料(未来技術遺産)に選定されたと発表した。

油圧ショベル Y35は、フランス・シカム社との技術提携により開発され、キャタピラージャパン明石事業所の前身である新三菱重工業明石工場で生産。エンジンに1個の固定容量型ギヤーポンプを直結し、そこで発生する圧油を切替弁に流す1ポンプ1バルブ油圧システムによって作動し、チェーン駆動で走行した。1961年に国産初の全油圧式油圧ショベルとして出荷され、高度経済成長期まっただ中、商品名「ユンボ」が油圧ショベルの代名詞となるなど、全国の建設現場で活躍した。

今回、戦後日本の国土開発に顕著な貢献を果たした建設機械として重要であるとし、未来技術遺産に選定された。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポール・ウォーカーに捧げる特別な『GRスープラ』3台限定で発売…トムス×月刊誌Safari
  2. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  3. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  4. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  5. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  6. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  7. ボルボカーズ、内装に本革を使わない…新型EV全車、C40リチャージ から
  8. アキュラ RDX に改良新型、新しいフロントマスク…米国発表
  9. マセラティ MC20 日本上陸、鈴鹿サーキットでシェイクダウン
  10. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
ランキングをもっと見る