三井物産、世界最大の自動車プレス部品メーカーに資本参加

自動車 ビジネス 企業動向
GA
GA 全 3 枚 拡大写真
三井物産は、世界最大手の自動車プレス部品メーカーであるスペインのゲスタンプ・オートモシオン(GA)に資本参加することで合意した。

三井物産は、4億1600万ユーロ(約470億円)で間接的にGA株式の12.525%を取得する。最終的な三井物産の支払額は、今後のGAの業績に応じて調整される。

GAは、1997年の創業以来、主に欧米系自動車メーカー向けに自動車ボディやシャシーなどのプレス部品を製造・販売している。製造拠点は計画中の分も含めて20カ国101カ所、研究・開発拠点は12カ所で、2015年の売上高では自動車向けプレス部品分野で世界最大級。自動車メーカーが軽量化材料として採用を拡大しているホットスタンピングでは世界最高水準の技術を持つ。

三井物産は、2013年にGAの米国、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン事業会社群に参画して以来、同社との連携を強化してきた。今回GA本体に出資をすることで、米州に加え、全世界ベースでの自動車メーカーのニーズを捕捉し、高機能素材市場の成長を取り込む。

三井物産が長年に渡り築き上げてきた自動車鋼材供給サービス機能を通じ、培った知見や顧客基盤、異なる素材を扱う営業本部間で連携、相乗効果を追求する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 専用充電ステーション
  • 三井物産 モビリティ第一本部 交通プロジェクト部 野瀬道広部長(右)と、レイ・フロンティア 田村建士代表取締役
  • 日中第三国市場協力フォーラム、右から4人目がGCLグループの朱共山董事長、その左隣が三井物産の安永社長
  • (イメージ)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/09/09/281502.html/article/2016/09/09/281501.html/article/2016/09/09/281503.html