【パリモーターショー16】ポルシェ パナメーラ PHV 新型、燃費は40km/リットル

自動車 ニューモデル モーターショー
新型ポルシェ パナメーラ 4 Eハイブリッド
新型ポルシェ パナメーラ 4 Eハイブリッド 全 5 枚 拡大写真
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェが9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開する『パナメーラ4 Eハイブリッド』。最新のPHVパワートレインが実現する優れた燃費性能が特徴だ。

パナメーラ4 Eハイブリッドのエンジンは、新型『パナメーラ4S』用の2.9リットルV型6気筒ガソリンツインターボ。最大出力は330hp、最大トルクは45.9kgm。モーターは、最大出力136hp、最大トルク40.8kgm。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、462hpのパワーと71.4kgmのトルクを引き出す。

パナメーラ4 Eハイブリッドは、常に電気の力のみで走るEパワーモードで発進。ゼロエミッション車として走行する際には、最高速140km/hの性能を持つ。

二次電池は、液冷式のリチウムイオンバッテリーで、ラゲッジコンパートメントの床下に搭載。蓄電容量は、先代の9.4kWhから14.1kWhに大容量化した。にもかかわらず、バッテリーの重量は変わらない。

パナメーラ4 Eハイブリッドは、Eパワーモードで最大50kmのゼロエミッション走行が可能。この効果もあって、欧州の新しい走行サイクル(NEDC)において、燃費は40km/リットル、CO2排出量は56g/kmという優れた環境性能を実現している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ・パナメーラ 改良新型
  • ポルシェ・パナメーラGTSスポーツツーリスモ 改良新型
  • ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ