【ホンダ フリード 新型】寺谷執行役員「フリードで16年度国内四輪計画達成を確実に」

自動車 ビジネス 国内マーケット
新型ホンダ・フリードと寺谷執行役員
新型ホンダ・フリードと寺谷執行役員 全 2 枚 拡大写真
ホンダは9月16日、コンパクトなミニバン『フリード』シリーズを8年ぶりに全面改良し、同日発売した。

都内の発表会見で、国内営業を担当する日本本部長の寺谷公良執行役員は「月間6000台の販売を計画している。これにより、2016年度の国内四輪販売計画である68万5000台を確実なものにしたい」と表明した。

また、寺谷氏は事前受注が9月15日までに1万3000台になったと明らかにし、「コンパクトミニバンでナンバーワンを目指していきたい」と、強調した。

市場ではトヨタ自動車の『シエンタ』との競合が必至となる。寺谷氏は「フリードは累計50万台を超える販売実績がある。ご支持いただいたたくさんのお客様に、これからも乗っていただきたい」と述べ、ライバルを意識するより、既存顧客の代替に力を入れる考えを示した。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ純正アルミ新シリーズ
  • ワンタッチスライドドア(フリード)
  • ホンダ・フリード・モデューロX
  • 自動車ライター・伊藤梓氏(右)とモデルの葉月さやさん(左)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV