JR貨物、31フィートウイングコンテナを増備へ…モーダルシフト

鉄道 企業動向
31フィートウイングコンテナ
31フィートウイングコンテナ 全 1 枚 拡大写真
JR貨物は、31フィートウイングコンテナを40個増備すると発表した。

トラックドライバー不足が深刻化する中、大型トラックと同水準の容積を確保し、操作性も高い「31フィートウイングコンテナ」は、トラックから鉄道へモーダルシフトするのに顧客ニーズが高い。同社では2012年度から2015年度までに100個を投入したが、さらに9月下旬以降、40個増やす。

増備に向けては環境優良車普及機構による「モーダルシフトの促進等による低炭素型物流システム構築事業」の補助金を受ける。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2011年10月から「ATACS」が導入されている仙石線。
  • 9月21日に全線が再開する小湊鐵道。
  • 京成スカイライナー
  • 阿佐海岸鉄道DMV3両の車体デザイン。10月5日にはこれらが揃う姿が披露される。
  • 大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系。6月8日までに両線の全列車を置き換えた。
  • ひたちなか海浜鉄道のキハ11形。
  • 2011年から駅改良工事や品川~田町間新駅(高輪ゲートウェイ駅)設置に向けた工事が進められている品川駅。写真は2013年の様子。
  • 月崎駅に入る小湊鐵道の下り列車。同駅から上総大久保駅にかけては、送電線や通信線が断線しているという。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/09/16/281936.html/article/2016/09/16/281935.html/article/2016/09/16/281937.html