JR貨物、31フィートウイングコンテナを増備へ…モーダルシフト

鉄道 企業動向
31フィートウイングコンテナ
31フィートウイングコンテナ 全 1 枚 拡大写真
JR貨物は、31フィートウイングコンテナを40個増備すると発表した。

トラックドライバー不足が深刻化する中、大型トラックと同水準の容積を確保し、操作性も高い「31フィートウイングコンテナ」は、トラックから鉄道へモーダルシフトするのに顧客ニーズが高い。同社では2012年度から2015年度までに100個を投入したが、さらに9月下旬以降、40個増やす。

増備に向けては環境優良車普及機構による「モーダルシフトの促進等による低炭素型物流システム構築事業」の補助金を受ける。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。
  • 2017年7月の九州北部豪雨で橋脚が倒壊した久大本線の花月川橋梁は、翌年には架け替えられて復旧したが、今回の豪雨で再び様子が気遣われる。
  • 肥薩おれんじ鉄道で最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネル付近。左手の山から崩れた土砂と木々がその下の国道を巻き込んで大量に線路に流れ込み、佐敷トンネルの出入口が架線とともに完全に埋没した。
  • 当日は『おかえり登山電車61号』の列車名で運行される70000形GSE。
  • 7月18日からの再開が決まった『SLもおか』。
  • バイオディーゼルが混合使用される『あそぼーい!』用のキハ183系1000番台。
  • 現在、豊肥本線の大分側の折返し駅となっている阿蘇駅。7月21日からは約4年3か月ぶりに熊本側から列車がやってくる。

ピックアップ