JR貨物、「がんばろう九州」ラッピング機関車を運行 10月下旬から

鉄道 企業動向
ラッピング機関車のイメージ。10月下旬から運用される。
ラッピング機関車のイメージ。10月下旬から運用される。 全 2 枚 拡大写真
JR貨物は10月12日、九州の各線で「がんばろう九州」のラッピング機関車を運行すると発表した。今年4月に発生した熊本地震からの早期復興への願いを込め、車体を「くまモン」など被災した自治体のマスコットキャラクターで装飾する。

発表によると、ED76形電気機関車2両とEF81形電気機関車2両を使用。「がんばろう九州」のメッセージと、熊本県の「くまモン」、大分県の「めじろん」、熊本市の「ひごまる」で車体を装飾する。環境負荷軽減を目的とした鉄道貨物輸送に取り組んでいる企業などが使用できる「エコレールマーク」も使われる。

ラッピング機関車は10月下旬から2年間、運行される予定。鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道線の北九州貨物ターミナル~鹿児島貨物ターミナル間や香椎~福岡貨物ターミナル間、日豊本線の小倉~南延岡間、長崎本線の鳥栖~鍋島間で運用される。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
  • 「憧れの街」をデザインコンセプトにした銀座駅のホーム。壁面には「古き良き銀座の街並み」のイメージが描かれている。
  • N700S

ピックアップ

Response.TV