【BMW 740e iPerformance】7シリーズ・エントリーモデルは新世代PHV

エコカー EV
740e iPerformance
740e iPerformance 全 3 枚 拡大写真
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は13日、プラグイン・ハイブリッドモデルのBMW『740e iPerformance』を発表した。本日より注文の受付を開始、納車は10月下旬を予定している。

740e iPerformanceは、BMWのサブブランド「BMW i」の電気駆動技術「eDrive」を搭載した、BMWの「iPerformance」モデルだ。ダイナミクスと効率との両立“エフィシエント・ダイナミクス”をめざすBMWレインジの中では、「効率」を追求したモデルとなる。

2.0リットル直列4気筒ツインターボ、大容量バッテリー、83kW・113psモーターの搭載により、0-100km/h加速が5.4秒という動力性能と、ゼロエミッション航続42km・最高速140km/hの環境性能とを実現した。バッテリーは走行中でも100%充電が可能。公共充電サービス「ChargeNow」も付帯する。

価格(税込)は「740e iPerformance」が1169万円、「740e iPerformance M Sport」が1240万円。電動化技術の普及を測るため、「7シリーズ」のエントリーモデルを担う戦略的価格にしたという。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ。手前がPHEV、奥がEVの「i7」(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • BMW i7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i7 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV