【スバル インプレッサ 新型】吉永社長「お手頃でアイサイトが買える」…全車標準化

自動車 ニューモデル 新型車
スバル 新型 インプレッサ 発表会
スバル 新型 インプレッサ 発表会 全 6 枚 拡大写真
富士重工業は全面改良した『インプレッサ』を10月25日から順次販売を開始すると発表した。プラットフォームを一新して安全、走行性能を向上したほか、安全運転支援システムのアイサイトおよび歩行者保護エアバッグを全車に標準装備したのが特徴。

価格は178万~240万円(消費税抜き)となっている。富士重の吉永泰之社長は「スターティングプライスは確かに上がっているが、お手頃にアイサイトが付いた車を買えることを狙った」と価格設定に自信を示している。

というのも「スバルの場合、アイサイトが付いた車を買われたい方がほとんど。おそらくお客様の目線からするとアイサイトが付いた車はいくらから買えるのかということになる。先代では1.6リットルモデルはAWD仕様にしかアイサイトを展開していなかったので194万円出さないと買えなかった。それが新型ではFFモデルにも標準化するので178万円から買える。だからお客様は高くなったとは感じないと思う。そこが一番のポイントだと私は思っている」からだ。

さらに吉永社長は「お客様からみて値上げしたと映らない値付けをするには、どうすれば良いかと考えた末に、1.6リットルのFFにもアイサイトの展開を広げた」とも話していた。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル インプレッサ 改良新型
  • メルセデスベンツAクラス ボルボ V40 マツダ3 トヨタ カローラスポーツ VW ゴルフ ホンダ シビック ハッチバック スバル インプレッサスポーツ
  • スバル フォレスター ソニックプラス SP-S300EL
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置 車載インジケーター(作動時イメージ)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ