クルーズトレイン『四季島』専用車、お召列車からの「変更」だった

鉄道 企業動向
常磐線を走る『四季島』E001形の試運転列車。来年5月から営業運転が始まる。
常磐線を走る『四季島』E001形の試運転列車。来年5月から営業運転が始まる。 全 4 枚 拡大写真
JR東日本が豪華寝台列車(クルーズトレイン)『TRAIN SUITE 四季島』の専用車両として開発した「E001」形は、お召列車で運用されている「E655」系電車の設計を変更する形で計画をまとめていたことが、このほど分かった。

E001形は、『四季島』専用車両として10両編成1本が製作された電車・気動車。2017年5月から営業運行を開始する予定で、今年9月から試運転が行われている。運転台付き展望車と寝台車、ラウンジカー、ダイニングカーで構成され、1~3・8~10号車に三相かご形誘導モーター、1・10号車に直噴式12気筒V型ディーゼルエンジン、2・3・8・9号車に集電装置(パンタグラフ)を搭載している。

電化区間では架線から供給された電気でモーターを回し、非電化区間ではディーゼルエンジンで発電した電気をモーターに送って走る。架線電圧はJR在来線の直流1500Vと交流2万V/50・60Hz、新幹線の交流2万5000V/50Hzに対応。運転保安装置もJR在来線の自動列車停止装置(ATS-Pなど)や、北海道新幹線に導入されている自動列車制御装置(DS-ATCなど)を搭載しており、青函トンネルで北海道新幹線と線路を共用している在来線(海峡線)を走って北海道に乗り入れることができる。

編集部は、今年7月までに作成されたE001形の関係文書を独自に入手。それによると、「本形式(E001形)は、E655系からの変更とし、一般、走行装置等、ブレーキ装置等、運転保安設備に係る事項が変更となる」などとしている。E001形10両各車の変更元となる車両は、以下の通り。

E001-1・10(1・10号車):クモロE654-100D
E001-2・3・8・9(2・3・8・9号車):モロE655-100E
E001-4~7(4~7号車):モロE654-100B

別の鉄道会社の関係者や国土交通省などによると、新型車両を導入する際の法手続きでは、従来車の設計を変更する形で「車両構造装置変更」の申請を行うことが珍しくないという。

E655系は、2007年に6両編成1本のみ製作された、JR東日本の特急形電車。「和(なごみ)」という愛称が付けられている。お召列車で運用されてきた皇室用客車(1号編成)の置換えを目的に製作され、天皇・皇后両陛下がお乗りになる特別車1両と、ハイグレード車(グリーン車)5両で構成される。1号編成はお召列車専用だったが、E655系は一般の列車での使用も考慮しており、特別車を外した5両編成で団体列車に使われることがある。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。

ピックアップ

Response.TV