【MotoGP 第15戦日本】キムコ、ドゥカティチームのオフィシャルスクーターとして レーシングS125 を提供

モーターサイクル 新型車
キムコ レーシングS125
キムコ レーシングS125 全 9 枚 拡大写真
キムコジャパンは、10月14日より発売するスポーツスクーター『レーシングS125』が、MotoGP第15戦 日本グランプリに参戦する「ドゥカティコルセ」チームのオフィシャルスクーターとして採用されたと発表した。

レーシングS125は、「Superior Performance」をコンセプトに、ハイドロフォーミングフレームや力強い出力特性の空冷4ストローク124cc・FIのバトルアックスエンジンを搭載し、人車一体感を追求して開発したスクーターだ。

キムコではMotoGPおよびスーパーバイク世界選手権に参戦するドゥカティコルセチームに2015年よりオフィシャルスクーターサプライヤーとして、欧州で販売している「アジリティR16」シリーズなどを提供してきたが、今年のMotoGP日本グランプリでは、最新モデルレーシングS125を提供する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/10/15/283637.html/article/2016/10/15/283636.html/article/2016/10/15/283638.html