中国吉利の新ブランド、第一号車はSUV…車台はボルボと共有

自動車 ニューモデル 新型車
LYNK & CO 01
LYNK & CO 01 全 5 枚 拡大写真
ボルボカーズの親会社、中国浙江吉利控股集団(ジーリー ホールディンググループ。以下、吉利)は10月20日、新ブランド「LYNK & CO」の第一号車を発表した。

LYNK & COの狙いは、現時点で最も進んだコネクテッドカーになること。また、新たなシェア形態を基本にしたビジネスモデルとなり、オープンデジタルプラットフォームをベースに自動車を生産する。さらに、世界の複数の有名企業とのコラボレーションも展開する計画。

ブランドの第一号車として登場したのが、『LYNK & CO 01』。力強いハイテク装備のSUVで、ボルボカーズの新世代小型車用車台、「CMA」を共有して開発された。

設計および製造は、スウェーデンで実施。全ての高級仕様および特性を標準装備。従来のトリムレベルを廃止し、ファッションおよびテクノロジー部門から着想を得たフル装備の単一価格販売という形式を取る。

なお、パワートレインに関しては、電動パワートレインとだけ、公表されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジーリー・プリフェース
  • ボルボカーズの電動車ラインナップ
  • 新車のキーをドローンで届ける吉利汽車の新サービス
  • ボルボカーズのSUV
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ