東芝、次世代車載機器向けソフトウエアプラットフォーム「Next CGW」を販売開始

自動車 テクノロジー ITS
次世代車載機器向けソフトウエアプラットフォーム「Next CGW」の概念
次世代車載機器向けソフトウエアプラットフォーム「Next CGW」の概念 全 3 枚 拡大写真
東芝は10月25日、次世代車載機器向けソフトウエアプラットフォーム「Next CGW」の販売を開始した。

Next CGWは、ルール制御部、セキュリティ、ルール、通信経路制御部、送信データ保存、IoTエージェント(オプション)といった次世代車載機器向けソフトウエアプラットフォームAPI群で構成。車載ネットワークに接続された機器とクラウド間通信のセキュリティ機能を備えるほか、通信状態の監視によるルールベースの通信経路選択・自動切り換え機能により、通信状態を意識せずに経路選択操作が可能となっている。

また、収集データのしきい値制御や送信タイミングの制御と、ルールベース(データ種別、データサイズなど)によるクラウド選択機能により、通信コストを抑制。ルール保持機能により、通信切断時でも継続したサービスを受けることができ、データバッファリング機能により、通信切断時の送信データ欠損防止とクラウドへの再送信を実現する。

東芝ではNext CGWを活用することで、自動車や二輪車、建設機械、農業機械などの車両や機械・機器で行う移動体通信にて、IoTデータを扱う車載機器向け次世代テレマティクスの実現をトータルサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「道の駅なみえ」に納入された3.5kW「H2Rex」
  • 分散・連成シミュレーションプラットフォームの概要図
  • 試作したLiDAR
  • 車載公開データセットでの運動軌跡の比較
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG

ピックアップ

Response.TV