フォルクスワーゲン、3年間のタイヤパンク補償サービスを導入

自動車 ビジネス 国内マーケット
VWザ・ビートル 《撮影 愛甲武司》
VWザ・ビートル 《撮影 愛甲武司》 全 2 枚 拡大写真
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、パンク損害の補償サービス「フォルクスワーゲン(VW)タイヤパンク補償サービス」を11月15日から導入すると発表した。

新サービスは、VW正規販売店で新品タイヤに付帯する補償サービスとしては日本初となるタイヤパンク補償だ。VW正規販売店にて新品タイヤを購入・交換したVWオーナーを対象に、自動的に無料で付帯。タイヤ購入から3年間、「釘踏み」「いたずら」「縁石乗り上げ」に起因するパンクが発生した場合のタイヤ交換費用を補償する。

補償期間は、対象タイヤを装着してから3年または走行距離4万5000kmを超過した時点まで。最初の1年間は、パンクしたタイヤと同一銘柄のタイヤを無償提供するとともに無料でタイヤ交換作業を行う。2年目はタイヤ代金の50%、3年目は75%が自己負担となるが、交換作業は引き続き無料となる。なお、スタッドレスタイヤも対象となる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ