アウディ、スケールモデルで自動駐車に成功…人工知能搭載

自動車 テクノロジー ITS
アウディ Q2 ディープ ラーニング コンセプト
アウディ Q2 ディープ ラーニング コンセプト 全 5 枚 拡大写真
ドイツのアウディは12月5日、スペイン・バルセロナで開幕した「神経情報処理システム(NIPS)」に関する国際会議およびワークショップにおいて、『Q2ディープ ラーニング コンセプト』を初公開した。

同車は、アウディの入門SUV、『Q2』の8分の1スケールのモデルカー。ドイツ・ガイマースハイムに本拠を置くアウディの子会社、「アウディ エレクトロニクス ヴェンチャー」の先行開発プロジェクトとして開発された。

そのハイライトは、人工知能を使った自動パーキングのデモンストレーションが行える点。広さ3×3mのスペースの中で、このモデルカーは金属フレームで囲まれた適切な駐車スペースを探って発見し、外部の助けなしにパーキング作業を完了する。

Q2ディープ ラーニング コンセプトには、前後に2つの単機能カメラを、そして車体を取り巻くように合計10個の超音波センサーを装着。そこからのデータを、車載のセントラルコンピュータが分析して、ステアリングや電気モーターを動かすシグナルに変換する。システムは最初に、駐車スペースと自車の位置関係を把握。位置を把握したら、正しい駐車位置に移動するためにはどうしたらいいか、演算を行って弾き出す。その後、状況に応じて、自動的にステアリングを操作したり、前後に動かしたりして、移動していく。

Q2ディープ ラーニング コンセプトは、複雑な状況も学習して、自動で駐車できる能力を持つ。アウディは、「自動運転を実現する上で、機械学習が要となるテクノロジーになる」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 第2回自動運転AIチャレンジ
  • ゴミ収集車安全支援システム「KIES」
  • 個人情報に関わる要素を全て自動で認識し、自動で消し込む
  • BdSound S2C-A
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ