仮面ライダードライブ バッグ、廃材エアバッグから製作…バンダイが発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
仮面ライダードライブ×yoccatta
仮面ライダードライブ×yoccatta 全 7 枚 拡大写真
バンダイ アパレル事業部は、「仮面ライダードライブ」と、自動車廃材でバッグを製作する「yoccatta(ヨカッタ)」のコラボによるトートバッグとサコッシュを発表、12月9日より予約受付を開始した。

新商品は、仮面ライダー史上初の車をモチーフにした「仮面ライダードライブ」と、廃棄された自動車のエアバッグからバッグを製作するブランド「yoccatta」とのコラボレーションバッグ。今回、劇場版「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」の公開を記念して発売する。

デザインはそれぞれ、黒を基調とした「仮面ライダードライブ バージョン」と、エアバッグ本来の白を基調とした2人目の仮面ライダー「仮面ライダーマッハ バージョン」の2種。ドライブバージョンは、黒のボディに仮面ライダードライブの上半身にある“タイヤ"をイメージしたライン入りのスポーティなデザイン。マッハバージョンは、仮面ライダーマッハのメインカラーである白を基調としたカラーリングで、特徴的な2本の赤いラインも再現している。

トートバッグは、一般的なナイロンよりも強度に優れたナイロン66(再利用エアバッグ)素材で、毎日の通勤や通学にも使えるタフさを持つ。またサコッシュは、ポケット口にファスナーを備え、アウトドアやライブ、フェスなどのアクティブなシーンにも重宝する機能性に優れた商品となっている。

価格はWハンドルトートが1万9440円、サコッシュが1万0800円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV