自動ブレーキ装着車の保険料割引制度 2018年1月1日から

自動車 テクノロジー 安全
対歩行者自動ブレーキ試験の様子(参考画像)
対歩行者自動ブレーキ試験の様子(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
損害保険料率算出機構は、自動車保険の参考純率を改定、保険会社が「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)の装着の有無による保険料割引制度を導入できるようにすると発表した。

参考純率は、形状・構造・装備・性能が様々な自動車があるため、「型式別料率クラス」によって保険料を細分化している。

2018年1月1日以降、自家用普通・小型乗用車の型式別料率クラスを一部改定し、発売後約3年以内の型式を対象に、衝突被害軽減ブレーキの有無によって保険料を区分するため、新たな保険料係数として衝突被害軽減ブレーキ装着を9%割引する。

衝突被害軽減ブレーキの普及が進んでおり、保険実績の面でも衝突被害軽減ブレーキ装着車は事故リスクが軽減されることが確認できたため。

また、自家用軽四輪乗用車について2020年1月1日までに型式別料率クラス導入を前提に、自家用普通・小型乗用車と同じ、衝突被害軽減ブレーキの有無による保険料係数を導入する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 羽田空港で行われた東京臨海部実証実験 SIP自動運転(システムとサービスの拡張)に参画する埼玉工業大学 自動運転バス
  • ZFの「S-Cam4.8」カメラ
  • ダイムラー・トラックとグーグルの自動運転部門のウェイモの戦略的提携のイメージ
  • 車両外観
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV