【トヨタ C-HR】古場開発担当主査「他と違うものを目指した。競合車はない」

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタC-HR
トヨタC-HR 全 8 枚 拡大写真
トヨタ自動車は12月14日、新型コンパクトクロスオーバー『C-HR』を発売した。大径タイヤを装着しながらも全高を1550mmに抑えたスタイルが特徴で、価格は251万6400~290万5200円。

C-HRの開発担当主査を務めるミッドサイズビークルカンパニーの古場博之MS製品企画ZE主査は「これまでに見たことのないディスティンクティブ(独特な)プロポーションを目指して開発したので、競合車はない」と言い切る。

というのも「C-HRの開発にあたり、いろんな国のお客様を訪れて話を聞いたところ、格好が良いからクロスオーバーを買うというのが第一にあって、やはり他と違うものを造らないと意味がないということで、それを目指した」からだ。

さらに「今のクロスオーバーの走りに関して、みんな満足していないということも分かったので、むしろジャンルは違うがフォード『フォーカス』やフォルクスワーゲン『ゴルフ』など運動性能の評判の高いモデルをみて造ってきたので、ある意味、競合車というのはない」とも古場主査は述べていた。

《小松哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ