クライスラー パシフィカ、生産開始…米国初のPHVミニバン

エコカー EV
クライスラー パシフィカ ハイブリッド
クライスラー パシフィカ ハイブリッド 全 5 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA USは12月上旬、クライスラーブランドの新型ミニバン、『パシフィカ』のプラグインハイブリッド車(PHV)、『パシフィカ ハイブリッド』の生産を開始した。

パシフィカは、クライスラー伝統のミニバン、『タウン&カントリー』の後継モデル。先代モデルのデビューから7年が経過してのモデルチェンジを機に、車名をパシフィカに変更した。

そのパシフィカに設定されるのが、PHVのパシフィカ ハイブリッド。クライスラーによると、米国のミニバンセグメントにおいて、初のハイブリッド車になるという。

PHVパワートレインは、エンジンが3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」の専用チューン版。最大出力248hpを引き出す。このエンジンに、2個のモーターを組み合わせる。二次電池は、蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリーで、2列目シートの床下に配置。EVモードでは、最大53kmをゼロエミッション走行できる。充電は240Vソケットなら、約2時間で完了する。

今回、このパシフィカ ハイブリッドの量産第一号車が、カナダ・オンタリオ州のウインザー組み立て工場からラインオフ。FCAの北米生産部門を率いるBrian Harlow氏は、「およそ5900名の従業員が持つミニバン生産のノウハウが、パシフィカ ハイブリッドに生かされる」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー・サミット
  • アルファロメオ・ステルヴィオ
  • 2024年型クライスラーE8
  • クライスラー300Sスポーツアピアランスパッケージ
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 
  • ジェネシス GV80 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!写真は「GLA45」

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/12/15/287048.html/article/2016/12/15/287047.html/article/2016/12/15/287049.html