プーチン大統領専用機IL-96-300PU、佐渡・能登・松江・岩国かすめ山口宇部空港へ | レスポンス(Response.jp)

プーチン大統領専用機IL-96-300PU、佐渡・能登・松江・岩国かすめ山口宇部空港へ

航空 エンタメ・イベント

www.flightradar24.com より引用
www.flightradar24.com より引用 全 7 枚 拡大写真
北方領土問題や共同経済活動などを協議する日ロ首脳会談(12月15日)に向け、プーチン大統領らを乗せた専用機が山口宇部空港に着陸。ことし開港50年を迎え、初の国際定期便が就航した周防灘の小さな空港に、ロシアと日本の二か国の専用機が飛来した。

プーチン大統領専用機は、イリューシン(Ilyushin)のワイドボディ4発機「IL-9」6 がベースの IL-96-300PU(RA-96022)。紫外線警告センサーやレーザー警報装置、レーザー防御システムといった防衛装備を積み、機内はゴールドがあしらわれたラウンジ、キングサイズベッド、バス、トイレ、キッチン、ワインバー、会議室、トレーニングジムなどが備わる。

服務機(RA-96021)とともに山口宇部空港を目指したプーチン大統領専用機は、ロシア側から真南を飛び、佐渡ヶ島上空でほぼ直角に右旋回、能登半島上空、松江市上空をかすめ、岩国錦帯橋空港(岩国基地)上空で30度ほど右旋回し、山口宇部空港上空をぐるっと1周して滑走路東側(07方向)から着陸した。

プーチン大統領らは、空港から長い車列をつくり、山口宇部道路、中国自動車道を経由し、JR美祢線に沿う国道316号を走り、安倍総理らが待つ大谷山荘へとたどり着いた。

《大野雅人》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集