『泉北ライナー』新車両、営業開始に先立ち撮影会 2017年1月21日

鉄道 エンタメ・イベント
泉北高速鉄道の泉北12000系。営業運転に先立ち撮影会イベントが行われる。
泉北高速鉄道の泉北12000系。営業運転に先立ち撮影会イベントが行われる。 全 1 枚 拡大写真
南海電気鉄道と泉北高速鉄道は12月16日、「特急『泉北ライナー』12000系車両デビュー! 一番乗り撮影会 in 羽倉崎車庫」と題したツアーを行うと発表した。2017年1月に行われる。

『泉北ライナー』は、難波(大阪市中央区)~和泉中央(大阪府和泉市)間で運行されている特急列車。南海電鉄高野線と泉北高速鉄道線を走る。南海電鉄の特急用車両が使われており、通常は高野線用の11000系電車で運行されるが、南海本線用の12000系電車が使われることもある。

泉北高速鉄道も、このほど泉北12000系電車を導入。2017年2月から運行を開始する予定だ。南海の12000系がベースになっているが、車体の塗装などが異なる。

発表によると、ツアーは泉北12000系の運用開始に先立ち、2017年1月21日に実施。行程は泉北高速鉄道線光明池発着と南海線難波発着の2種類を用意し、南海本線の羽倉崎駅まで泉北12000系で移動。羽倉崎車庫で泉北12000系の撮影会を行う。

旅行代金は光明池発着が大人3700円・子供2100円。南海のウェブサイトなどで予約を受け付ける。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • くろまつ
  • 大阪モノレール
  • 秩父鉄道パレオエクスプレス
  • 『まほろば』には、写真の『こうのとり』など、北近畿方面の特急に使われている287系を充当。先頭の3両付属編成で運行される。
  • 改装が進む『山明』の外装。
  • 伊豆急線と伊東線が接続する伊東駅。Phase2では以北の熱海までフリーエリアが広がる。
  • 鈴廣蒲鉾本店へ譲渡されたモハ107号。
  • 東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/12/19/287256.html/article/2016/12/19/287255.html/article/2016/12/19/287257.html