ファブリカ、会員制のプレミアムなレンタカーサービスを開始…アルファードやレクサス

自動車 ビジネス 国内マーケット
LUXプレミアレンタカー
LUXプレミアレンタカー 全 2 枚 拡大写真
ファブリカコミュニケーションズは、会員制「LUXプレミアレンタカー」の貸出業務を12月20日より東京エリアで開始した。

LUXプレミアレンタカーでは、トヨタ『アルファード エグゼクティブラウンジ』を中心に高級国産車を用意。これまでのレンタカーサービスでのカジュアルな利用とは異なる、“最高の移動体験”を提供する。

予約はモバイルまたはPCから約30秒で完結。当日レンタルにも対応する。また、アカウント登録時のカード認証により、返却時の給油代や利用料の支払いなど面倒な手続きが不要。クレジットカード決済でキャッシュレスを実現した。さらにオプションとして、指定場所への配達、引取サービスも用意する。

ラインアップはトヨタ「アルファード エグゼクティブラウンジ(3.5L)」とレクサス「NX300h F SPORT」を用意。利用料金はアルファードが1万5000円(6時間)より、レクサスが1万3000円(同)より。高級車でありながら、ガソリンスタンド等の既存インフラを活用し、コストを大幅に削減したことで低料金を実現している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツのホイール。左が正規品で右が偽造品。ストレステストでは右の偽造品にクラックが発生
  • 日産自動車の内田誠社長
  • ポルシェ 911ターボ
  • ジープ・コンパス 4Xeと レネゲード 4xe
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ