【CES 2017】クライスラー、自動運転EVコンセプトを初公開…レベル3~4

エコカー EV
クライスラー ・ポータル (c) Getty Images
クライスラー ・ポータル (c) Getty Images 全 7 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA USは1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES17において、クライスラーブランドのコンセプトカー、『ポータル』を初公開した。

FCA USは、グーグル(Google)と共同で、自動運転車の早期実用化を目指している。ポータルは、未来の自動運転EVを提示したコンセプトカー。2000年前後に生まれた若い世代をターゲットに想定する。

EVパワートレーンは、二次電池が蓄電容量100kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大およそ400kmを走行できる。急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの容量の6割をおよそ20分で充電可能。

また、ポータルには、最新のセンサー技術が搭載されており、自動運転が可能。米国の規格の「レベル3」から、「レベル4」までの自動運転に対応させている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ、第3世代の「ホンダCONNECT」開発へ…CESアジア2019で発表
  • 【技術】 #CES で「Invisible-to-Visible」技術を発表(YouTube)
  • CESアジア2018のホンダブース(参考画像)
  • CESアジア2019の公式サイト
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/01/04/287849.html/article/2017/01/04/287848.html/article/2017/01/04/287850.html