村田製作所、ADASや自動運転車向けに世界最大音量のブザーを開発

自動車 ビジネス 企業動向
車載市場向け表面実装型圧電サウンダ
車載市場向け表面実装型圧電サウンダ 全 1 枚 拡大写真
村田製作所は、車載市場向けに世界最大音量の表面実装型圧電サウンダ(ブザー)を開発した。

車載市場では、将来の自動運転の実現に向け、ADAS(先進運転支援システム)の技術開発が進んでいる。マンマシンインターフェースのひとつとして搭載されている発音部品も、運転中の警告音・報知音用途で一層の大音量化が求められている。

しかし、従来のピンタイプ型圧電ブザーは、実装状態のばらつきによる特有の実装異常や音色が変化する異音の問題がある。このため、高信頼性が求められる車載市場向け発音部品では、リフロー実装対応部品の要求が高まっている。

今回、これらの要求に対して、同社独自の材料技術と高精度な加工技術を応用し、従来品の約4倍(10~12dB増)の音圧を実現した高品質な車載用の表面実装型圧電サウンダを商品化した。

今後、スピードメーター、パワースライドドア、パワーテールゲート、パーキングアシストシステムなどへの採用拡大を目指す。

製品は昨年10月に量産を開始している。サンプル価格は200円/個。製品は、1月18日~1月20日に東京ビックサイトで開催される「カーエレクトロニクス技術展」に出展する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 村田製作所社長、カーエレ向け「大きく落ち込むも、7月に入って受注が回復」…2020年度第1四半期決算
  • 村田製作所 BLM18SP SH1シリーズ
  • 3D MEMS慣性力センサ
  • 村田製作所No.1ソーラーパワープラント
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ