横浜ゴム、ヒストリックカー向けタイヤ市場に参入…ADVAN HF タイプDを復活

自動車 ビジネス 国内マーケット
ADVAN HF タイプD
ADVAN HF タイプD 全 1 枚 拡大写真
横浜ゴムは創業100周年を記念し、2017年秋に「ADVAN HF タイプD」を2017年秋に復活発売し、ヒストリックカー向けタイヤ市場に参入すると発表した。

1981年に発売したADVAN HF タイプDは、レーシングスリックタイヤにディンプルを施したトレッドデザインを片側に採用した斬新な商品性と優れた走行性能で高い評価を得た。後にポルシェが新車装着するなど1980年~1990年代に国内外でYOKOHAMAの名を高めた商品のひとつだ。今回、横浜ゴムはヒストリックカー市場に向け、ADVAN HF タイプDを復活発売し、愛好家の要望に応える。

今回復活するADVAN HF タイプDは、1981年発売のオリジナル商品のデザインを再現。2017年1月13日から幕張メッセで開催される「東京オートサロン2017」にて現在開発中のプロトタイプを参考出展する。展示サイズは195/70R14 91H。今後、市場からの要望を踏まえた拡大開発を計画しており、国内や欧州のモータースポーツに関係が深いヒストリックカー向けの小外径幅広サイズなどを想定している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ADVAN A052
  • BluEarth-GT AE51
  • T.M.Sの概念図
  • AVID GT
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV