【東京オートサロン2017】ヴィッツ と アクア、TGRコンセプトはG'sモデルの進化形

自動車 ニューモデル モーターショー
TGRコンセプト:トヨタGAZOOレーシング
TGRコンセプト:トヨタGAZOOレーシング 全 10 枚 拡大写真
東京オートサロン、トヨタGAZOOレーシングブースにはヴィッツとアクアのG'sベースのカスタムカーが展示されている。カラーリングがほぼそのままなので派手さはないが、G'sモデルの今後を示唆する提案が含まれている。

「TGRコンセプト」と名付けられた2台のカスタムカーは、それぞれフロントバンパー、オリジナルホイール以外、目立ったカスタムポイントがない。しかし、シートバックにG'sRバッジがあしらわれている点に、開発側に込められた想いを感じる。

G'sモデルは、トヨタ車スポーツモデルのメインブランドだ。走りに特化し「意のままに車を操る」というコンセプトで設計されている。ブース担当者によれば、TGRは「TOYOTA GAZOO RACING」の頭文字でありTGRコンセプトはG'sのそれを受け継いでいるという。その意味でTGRコンセプトはGAZOOのクルマ作りを踏襲したものだが、今後のスポーツモデルを考えたとき、やはり「質感」を大事にしたいということで、「しっとり」した運動性能、ステアリングレスポンスを高めていくモデルだとする。

そのためにボディ剛性を上げたり、サスペンションのチューニングも行っていく。今回はTGRコンセプトという名前で展示しているが、将来的にはG'sモデルすべてにこの設計は反映されていくという。

《中尾真二》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/01/15/288407.html/article/2017/01/15/288406.html/article/2017/01/15/288408.html