日本交通のタクシー、スマホ決済サービス「オリガミペイ」を導入…都内3500台

自動車 ビジネス 国内マーケット
Origami Pay
Origami Pay 全 1 枚 拡大写真
Origamiと日本交通、グループ会社のジャパンタクシーは、東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する日本交通のタクシーにて、1月27日からスマホ決済サービス「オリガミペイ」および中国最大手の電子決済サービス「アリペイ」を開始すると発表した。

運賃の支払いは、タクシー内の助手席後部に設置されているIoT型デジタルサイネージ「TokyoPrime」端末を活用。運賃支払時に表示される決済方法の選択画面でOrigami Payを選択すると、端末にQRコードが表示され、利用客のOrigamiアプリにてQRコードを読み取ることで支払いが完了する。またAlipayを選択すると、端末にはQRコード読み取り画面が表示され、Alipayアプリに表示されるQRコードを読み取らせることで支払いが完了する。

スマートフォンのみで決済できるオリガミペイとアリペイは、利便性、安全性の高さから利用者を増やしている。日本交通では、東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する約3500台より提供を開始し、今後は全国のタクシー5万台の車両への展開を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転タクシー&自動運転モビリティを活用した空港から丸の内店舗までのMaaS実証実験
  • 実証実験の概要
  • タクシーde建築めぐり for キッズ
  • ラグビー日本代表応援タクシー(イメージ)
  • メルセデスベンツ Eクラスオールテレーン 改良新型(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/01/24/289090.html/article/2017/01/24/289089.html/article/2017/01/24/289091.html