ウーバーCEO、トランプ大統領の経済諮問メンバーを辞任…入国禁止令に反発

自動車 ビジネス 企業動向
ウーバーのトラビス・カラニックCEO
ウーバーのトラビス・カラニックCEO 全 1 枚 拡大写真
米国の配車サービス大手で、グローバルにサービスを展開中のウーバーテクノロジーズ(以下、ウーバー)。同社のトップが、トランプ大統領の経済諮問グループのメンバーを辞任したことが分かった。

これは2月2日、ウーバーのトラビス・カラニックCEOが明らかにしたもの。同CEOは、「今後、トランプ大統領の戦略政策フォーラムには、参加しない」と発表している。

トランプ大統領は1月下旬、主にイスラム教徒が多い中東およびアフリカ7か国からの入国を一時的に禁止する大統領令に署名した。

ウーバーCEOの戦略政策フォーラムメンバーからの辞任は、トランプ大統領の政策に反発するものとなる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ウーバーが都内でタクシー配車サービスを開始
  • 日産 リーフ(欧州仕様)
  • ヒュンダイ初の空飛ぶ車(模型。CES 2020)
  • 配車アプリの巨人「グラブ(Grab)」がついに日本上陸(写真はシンガポール)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ