ウーバーCEO、トランプ大統領の経済諮問メンバーを辞任…入国禁止令に反発

自動車 ビジネス 企業動向
ウーバーのトラビス・カラニックCEO
ウーバーのトラビス・カラニックCEO 全 1 枚 拡大写真
米国の配車サービス大手で、グローバルにサービスを展開中のウーバーテクノロジーズ(以下、ウーバー)。同社のトップが、トランプ大統領の経済諮問グループのメンバーを辞任したことが分かった。

これは2月2日、ウーバーのトラビス・カラニックCEOが明らかにしたもの。同CEOは、「今後、トランプ大統領の戦略政策フォーラムには、参加しない」と発表している。

トランプ大統領は1月下旬、主にイスラム教徒が多い中東およびアフリカ7か国からの入国を一時的に禁止する大統領令に署名した。

ウーバーCEOの戦略政策フォーラムメンバーからの辞任は、トランプ大統領の政策に反発するものとなる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ウーバー本社(米カリフォルニア州)
  • ボルボカーズの自動運転車の量産モデル。ボルボXC90がベース
  • ウーバーの公式サイト
  • デンソー、ウーバー、トヨタ、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの各首脳
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/06/290139.html/article/2017/02/06/290138.html/article/2017/02/06/290140.html