カーセンサー、VR技術でバーチャル試乗できる新機能を追加

自動車 ビジネス 国内マーケット
車の内装360°ビュー
車の内装360°ビュー 全 7 枚 拡大写真
中古車情報メディア「カーセンサー」は2月7日、VR技術を活用した車の360°ビュー機能と、メーカーを超えた車種・グレード比較検討機能を追加したと発表した。

360°ビュー機能は、車の外装・内装を360°閲覧できる新機能。スマートフォンサイトの内装ビューは、スマートフォン装着型のVRゴーグルに対応し、ショールームで実物に乗ったような疑似体験ができる。現在、トヨタ『C-HR』をはじめ、新車発売中のSUV・ミニバンを中心に約30車種に対応しており、今後、順次車種を追加していく予定だ。

車種・グレード比較検討機能は、カーセンサーが有する約2500車種のカタログデータをもとに、ユーザーが検討している車種・グレードの性能を詳細に比較できる新機能。メーカーを横断した各車種・グレードの違いを比較することで、ユーザーの効率的な車検討を支援する。

なおカーセンサーでは、2017年1月より、親しみやすさと、未来へのわくわく、そして安心を届けるロゴデザインに変更。キャッチフレーズも「どんなクルマと、どんな時間を。」に刷新。PCサイト、スマホサイトともに、新ロゴに変更に合わせて、使いやすいサイトを目指し、デザインをリニューアルした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 635CSi(E24)
  • 『カーセンサー』8月号
  • (イメージ)
  • ポルシェ・カイエン
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ