自動車整備業、2年連続で倒産件数増加…小規模・零細が8割 2016年

自動車 ビジネス 企業動向
自動車整備業倒産、年次推移
自動車整備業倒産、年次推移 全 1 枚 拡大写真
東京商工リサーチが発表した2016年(1~12月)の自動車整備業倒産状況によると、前年比20.9%増の75件で2年連続の増加。負債総額は同144.9%増の55億8900万円だった。

資本金別内訳は、「100万円以上500万円未満」が26件(同13.0%増)、「個人企業」が22件(同15.7%増)、「1000万円以上5000万円未満」が19件(同18.7%増)と続く。「1億円以上」が発生なしだったのに対し、「個人企業」が全体の約3割を占めた。また、従業員別では5人未満が57件と約8割を占め、小規模・零細企業の倒産が大半だった。

地区別では、全国9地区すべてで倒産が発生。最多は近畿の22件(前年11件)と倍増。次いで、関東15件(同18件)、中部12件(同11件)、中国7件(同4件)、九州6件(同5件)、東北4件(同4件)、北海道4件(同2件)、四国3件(同1件)、北陸2件(同6件)の順。関東・北陸・東北を除く6地区で前年を上回った。

また、倒産にカウントされない「休廃業・解散」も過去10年間で最多を数えた。国家資格の自動車整備士の減少に加え、若者の自動車離れ、車の性能アップ、事業主の高齢化、後継者難など、取り巻く経営環境は厳しさを増している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型コロナ関連の都道府県別経営破たん発生件数
  • 都道府県別破綻状況
  • 新型コロナによる上場企業への影響
  • 都道府県別の新型コロナ関連経営破たん発生件数(2020年6月16日17時現在)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ