マツダ ファミリアバン、自動ブレーキなどを全車標準装備

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ ファミリアバン
マツダ ファミリアバン 全 1 枚 拡大写真
マツダは、商用車『ファミリアバン』を一部改良し、2月9日より販売を開始した。

今回の一部改良では、歩行者検知可能なエマージェンシーブレーキやLDW(車線逸脱警報)、DSC(横滑り防止機構)、TCS(トラクションコントロールシステム)などの安全装備を全車に標準装備した。

また、フロントバンパーおよびグリルのデザインを刷新するとともに、前後バンパーを、全車黒色で統一。フタ付きグローブボックスや大型カップホルダー(2WD車のみ)、助手席シートバックパソコンテーブル(折畳式)を装備するなど、車内の使い勝手・収納力も向上させた。

価格は157万4640円から186万9480円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ R360クーペ と ロードスター 100周年特別記念車
  • マツダ・サバンナRX-7、RX-7のリトラクタブルヘッドランプ
  • トヨタ・プロボックス(参考画像)
  • マツダ ファミリア(5代目 1980年6月)のカタログ
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ