三菱 ランサーカーゴ 一部改良…先進安全機能を主要グレードに標準装備

自動車 ニューモデル 新型車
三菱 ランサーカーゴ
三菱 ランサーカーゴ 全 1 枚 拡大写真
三菱自動車は、商用車『ランサーカーゴ』を一部改良し、2月9日から販売を開始した。

今回の一部改良では、エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)とLDW(車線逸脱警報システム)、VDC(横滑り防止装置)をセットにした「セーフティパッケージ」を「15M」「15G」「16M」「16G」に標準装備とした。

エクステリアでは、フロントバンパーおよびフロントグリルを変更し、スタイリッシュなフロントフェイスとしたほか、上級グレードではリヤドア、クォーター、テールゲートにUVカット機能付プライバシーガラスを標準装備した。

インテリアでは、上級グレードのリヤシートのクッションおよび座面角度を最適化し、座り心地を向上。また、グローブボックス、インパネアッパーボックスの容量拡大など収納性を高め、ビジネスシーンでの使い勝手を向上させた。

価格は158万2200円から193万7520円。なおランサーカーゴは日産『NV150 AD(旧車名:AD/ADエキスパート)』のOEM供給モデル。マツダ『ファミリアバン』は姉妹車にあたる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ランサーエボリューション 次期型 予想CG
  • 新たにランサー・エボ リューションなど三菱車7車種を収録した『Forza Horizon 4』
  • 改善箇所
  • 左から、ランサーエボリューションIII、ランサーEX2000ターボ、ランサー1600GSR
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/09/290381.html/article/2017/02/09/290380.html/article/2017/02/09/290382.html