【シカゴモーターショー2017】トヨタ タンドラ に2018年型…「TRDスポーツ」新設定

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ・タンドラ2018年型のTRDスポーツ
トヨタ・タンドラ2018年型のTRDスポーツ 全 5 枚 拡大写真
トヨタ自動車は2月10日、米国で開幕したシカゴモーターショー2017において、『タンドラ』の2018年モデルを初公開した。

タンドラは、トヨタの北米向けフルサイズピックアップトラック。フォードモーターのフォード『F-150』、GMのシボレー『シルバラード』、FCA USの『ラム』などと競合する。

現行タンドラは2006年、シカゴモーターショー2006でデビュー。今回、シカゴモーターショーで初公開された2018年型は、2度目の大幅改良が施されたモデルとなる。

2018年モデル全車が、外装をリフレッシュ。グレードに応じて、新デザインのメッシュグリルとビレットスタイルグリルを使い分ける。上級グレードには、新デザインのLEDヘッドライト&フォグランプを採用するなど、表情を一新した。

また、2018年モデルには、「TRDスポーツ」を新設定。TRDスポーツチューンのビルシュタイン製ダンパーをはじめ、TRD製スタビライザー、20インチアルミホイールなどで、足回りを引き締めている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・シビック・タイプR 改良新型の北米仕様(シカゴモーターショー2020)
  • ジャガー Fタイプ 改良新型(シカゴモーターショー2020)
  • レクサス RC 改良新型(北米仕様)
  • レクサス RC F 改良新型のトラックエディション(北米仕様)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ