【リコール】ジャガー XF など、パワステが重くなる

自動車 テクノロジー 安全
ジャガーXF(2014年)
ジャガーXF(2014年) 全 2 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2月14日、ジャガー『XF』などの補機駆動ベルトアイドラープーリーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ジャガー『XF』『XJ』の2車種で、2012年11月5日~2015年9月27日に輸入された1332台。

エンジンの補機駆動ベルトのアイドラープーリーにおいて、製造時に設計で指示されていない塗装をしているため、使用過程で塗装が薄くなり、取付ボルトの締結力が低下することがある。そのため、取付ボルトが緩み、そのままの状態で使用を続けると、取付ボルトが破断し、プーリーが脱落してパワーステアリングのアシスト力が失われ、ハンドルの操作力が増大するおそれがある。

改善措置として、全車両、アイドラープーリーを良品と交換する。

不具合は7件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガーXF300スポーツ
  • ジャガー XFスポーツブレイク
  • ジャガーE-PACE
  • 改善箇所(ジャガー)
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/02/14/290630.html/article/2017/02/14/290629.html/article/2017/02/14/290631.html