VW、モービルアイと提携…自動運転車の技術を開発へ

自動車 テクノロジー ITS
モービルアイとフォルクスワーゲンの首脳
モービルアイとフォルクスワーゲンの首脳 全 1 枚 拡大写真
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンとモービルアイは2月13日、自動運転車に関する技術開発において提携を結ぶことで合意した、と発表した。

1999年に設立されたモービルアイは、イスラエルに本拠を置く新興企業。自動運転車のコア技術となるセンサーや地図などの分野において、強みを持つ。

今回の両社の発表では、モービルアイが手がけるマッピングサービス、「REM」(ロード・エクスペリエンス・マネージメント)を2018年から、フォルクスワーゲンブランドの市販車に搭載することが決定。

REMは、地図データを常に最新版に更新するための技術。実際の道路状況を反映させるこの技術は、自動運転車に欠かせないものとなる。

なお、フォルクスワーゲングループは、早期の自動運転実用化を目指しており、グループ内のアウディのテスト車両を使用し、開発を進めている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VW ID.4
  • フォルクスワーゲン ID.4
  • フォルクスワーゲン・タオス のティザーイメージ
  • VW ゴルフ ヴァリアントTDI ハイラインマイスター。夕刻の薩摩半島南端を走行中。背後に見えるのは本土最南端の火山、開聞岳。
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ