ホンダ、インドネシアで四輪車生産累計100万台…14年で達成

自動車 ビジネス 海外マーケット
第2工場生産ライン風景
第2工場生産ライン風景 全 2 枚 拡大写真
ホンダは、インドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社 PTホンダプロスペクトモーター(HPM)の四輪車生産累計台数が100万台に達したと発表した。

HPMは2003年2月に『ストリーム』にてカラワン工場の生産を開始。当初の生産能力は年間2万台程度だったが、その後インドネシアでの自動車需要の高まりを受けて2014年1月より第2工場を稼働。現在の年間20万台へと生産能力を拡大し、インドネシア市場において19%のシェアを獲得するにまで成長している。

また、国内向け7機種の完成車の生産に加えて、近年カラワン工場はホンダの四輪部品のグローバル生産・供給拠点として重要な役割を担っており、四輪部品を近隣アセアン諸国のほか、日本、南西アジア、ラテンアメリカ諸国などへも輸出している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • みなみ寄居駅のイメージなどがデザインされた開業記念乗車券。
  • トヨタ・ヤリス・ハイブリッド 新型(欧州仕様)
  • マツダ MX-3 だけじゃない!観音開きドアを採用した7台。写真はマツダ RX-8
  • レオン・ハスラム選手の走り
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV