トヨタの米アラバマ工場、エンジン生産500万基を達成

自動車 ビジネス 企業動向
エンジン累計生産500万基を達成したトヨタの米国アラバマ州TMMAL(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ)
エンジン累計生産500万基を達成したトヨタの米国アラバマ州TMMAL(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ) 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車は2月24日、米国アラバマ州のTMMAL(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ)におけるエンジン累計生産台数が500万基を達成した、と発表した。

同工場は、2003年に稼働。累計生産500万基は、およそ14年で達成した記録となる。

TMMALでは、最初にV8ガソリンエンジンの生産を開始。これに続いて、V6ガソリンエンジンと直列4気筒ガソリンエンジンの生産を開始した。

同工場製のエンジンは、トヨタの北米現地生産の複数車種に搭載。米国のベストセラー乗用車の『カムリ』をはじめ、『RAV4』、『ハイランダー』、『セコイア』、『タコマ』、『タンドラ』に搭載されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ 2000GT、A70/A80スープラ「補修部品」復刻の真意…GRヘリテージパーツプロジェクト
  • トヨタ・ヴェンザ( ハリアー に相当)新型(北米仕様)
  • トヨタ RAV4 アドベンチャー(アッシュグレーメタリック×シアンメタリック)
  • トヨタ アクア G GRスポーツ
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ