極東開発、新開発の都市型ごみ収集車を発売…スライド天蓋採用で作業性向上

自動車 ニューモデル 新型車
極東開発 ごみ収集車 スライドパック GB40-520
極東開発 ごみ収集車 スライドパック GB40-520 全 4 枚 拡大写真
極東開発工業は、都市部におけるごみ収集形態に適した新機構のごみ収集車「スライドパック GB40-520」を開発し、3月13日より発売する。

新型車は、作業状況に応じて後方と側方のどちらからでも収集物が積込め、積荷や雨水の飛散を防止するスライド天蓋を装備したほか、ボデーデッキ地上高を軽ダンプ並みの約800mmとし、積込み時の作業性を確保。また、排出板押出式を採用することで、排出の際に破損しやすい小型家電などの収集物もつぶれにくく、容易な分別を可能としている。

外観は、傾斜した投入口カバーやボデーサイドの補強部材が目立たないスッキリとしたデザインを採用。ボデー容積4.0立方米 、最大積載量2000kgを確保しながらも全長・全高・全幅を抑えることで、都市部のごみ収集形態に対応し、狭小路でも抜群の機動性を発揮する。

価格(税別・シャシ価格除く)は365万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動吸水式 新型「スーパー散水車」
  • 極東開発 新型「土砂ダンプトレーラ (リンク式 ・ GVW36t)」
  • はたらくくるま工場見学会
  • スワップバンボデー(左)とスワップウイングボデー
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ