レクサス UX コンセプト、市販化へ…ブランド最小SUV

自動車 ニューモデル 新型車
レクサスUXコンセプト
レクサスUXコンセプト 全 7 枚 拡大写真
レクサスが2016年秋に発表した『UXコンセプト』。このブランド最小SUVの量産化が決まった。

これは、スイスで開催中のジュネーブモーターショー2017において、レクサスインターナショナルの澤良宏上級副社長が明らかにしたもの。「『UX』に期待してほしい。デビューはそれほど遠くない」と、UXコンセプトの市販化を公表している。

UXコンセプトは、レクサスのコンパクトクロスオーバーの将来像を示すコンセプトカー。ボディサイズは全長4400mm、全幅1900mm、全高1520mm、ホイールベース2640mm。

レクサスの主力SUVの『NX』に対して、全長は230mm短い。UXコンセプトは、NXの下に位置する小型SUVを示唆している1台。

レクサスはUXコンセプトを市販化することで、従来以上に若い顧客の取り込みを狙うものと見られる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス LF-30 エレクトリファイド
  • トヨタヨーロッパデザインアシスタントチーフデザイナーの飯田秀明さん
  • レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)
  • レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ