三菱 ランサー、ダイナミックシールドで表情一新…台湾

自動車 ニューモデル 新型車
三菱グランドランサー
三菱グランドランサー 全 5 枚 拡大写真
三菱自動車は台湾において、『グランドランサー』を発表した。すでに、日本国内向けの生産を終了した『ギャラン フォルティス』(グローバル名:『ランサー』)の大幅改良モデルとなる。

グランドランサーのハイライトといえそうなのが、三菱自動車の新デザイン言語、「ダイナミックシールド」の採用。ヘッドランプやフロントグリル、バンパーなどのデザインが見直され、表情を一新することに成功している。インテリアには、デジタルメーターが装備されているのが特徴。

パワートレインは、1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンを改良して搭載。最大出力140psを引き出し、15.7km/リットルの燃費性能を発揮する。トランスミッションは、ジヤトコ製のCVTを組み合わせた。

足回りでは、サスペンションの設定を変更し、ハンドリング性能や快適性能を追求。NVH性能も高められた。安全性能も引き上げも図られている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ランサーエボリューション 次期型 予想CG
  • 新たにランサー・エボ リューションなど三菱車7車種を収録した『Forza Horizon 4』
  • 改善箇所
  • 左から、ランサーエボリューションIII、ランサーEX2000ターボ、ランサー1600GSR
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/03/21/292367.html/article/2017/03/21/292366.html/article/2017/03/21/292368.html