曙ブレーキ、2017年のモータースポーツ活動計画を発表 | レスポンス(Response.jp)

曙ブレーキ、2017年のモータースポーツ活動計画を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

曙ブレーキ
曙ブレーキ 全 1 枚 拡大写真
曙ブレーキ工業は、2017年のモータースポーツ活動計画を発表した。

同社は2007年よりF1マクラーレンチームへオフィシャルサプライヤーとしてブレーキシステムを供給し、世界最高峰のモータースポーツフィールドで高性能への挑戦を続けてきた。2014年にはパートナーシップ契約を強化し、マクラーレンチームのテクノロジーパートナーとなり、マクラーレンとの協力体制は今年で11年目を迎える。 2017年にブレーキを供給する新型マシン「MCL32」のリアウイングの内側には、akebonoのロゴを掲出。引き続きテクノロジーパートナーとして、ブレーキ技術の開発を重ねていく。

また世界耐久選手権(WEC)では、2013年よりトヨタチームにブレーキキャリパーを供給。2017年は改良型「TS050ハイブリッド」にブレーキキャリパーを供給する。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは、2010年からチームGAZOOレーシング「レクサス LFA」向けに供給。今年は「レクサス RC 」にブレーキキャリパーとブレーキパッドを供給する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集