ボッシュ、オドメーターの不正操作防止技術を開発

自動車 ビジネス 企業動向
ボッシュのオドメーター不正操作防止のための技術
ボッシュのオドメーター不正操作防止のための技術 全 1 枚 拡大写真
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは3月中旬、自動車のオドメーターの不正操作防止のための技術を、TUV(ドイツの技術検査協会ラインラント)と共同開発していると発表した。

ドイツ国内だけで、オドメーターの不正による損害は60億ユーロにのぼると推測されている。不正行為撲滅アイデアの基本が、多数のコンピューターへのデジタルログブックの伝送。

これは、車両が定期的に、オドメーターの数値を、単一のコネクターから複数のコンピューターに送信するもの。車両のオーナーは、スマートフォンアプリで現在の走行距離を確認し、車載ディスプレイの表示と比較できる。

また、車を売却する際には、オーナーはオドメーターの表示が正しいことを裏付ける証明書の発行を受けることも可能。この証明書をインターネット上、たとえば、中古車販売店のオンラインプラットフォーム上で共有することもできる。

ボッシュは、「中古車の走行距離をごまかすという広く行われている慣行に、終止符を打つ」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボッシュの燃料電池パワートレイン
  • ボッシュの自動駐車の実証実験
  • Boschキャンピングカー
  • ADASエーミング作業風景
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ