スズキ、FCスクーターの公道走行を開始… バーグマン フューエルセル

モーターサイクル 新型車
スズキ・バーグマン・フューエルセル
スズキ・バーグマン・フューエルセル 全 2 枚 拡大写真
スズキは3月21日、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車『バーグマンフューエルセル』でナンバープレートを取得し、公道走行を開始すると発表した。

バーグマンフューエルセルは、街乗り向けのスクーター「バーグマン200」をベースに、軽量・コンパクトな空冷式燃料電池を搭載。700気圧圧縮水素タンクをフレーム内にレイアウト、リヤホイールに高出力インホイールモーターを内蔵し、従来のスクーター同様のスタイルを保っている。

モーター駆動用の主電力に燃料電池を使用し、最高出力4.5kW、最大トルク23Nm、最高速度は75km/h。燃費向上のために、リチウムイオン二次電池を搭載するハイブリッドシステムを採用し、航続距離(60km/h定地走行)は120kmを実現している。

スズキは、昨年2月に国土交通省が公布・施行した道路運送車両法の燃料電池二輪車に関する保安基準に基づきバーグマンフューエルセルの車両型式を申請し、同年8月に型式認定を受けた。今年3月に18台のバーグマンフューエルセルのナンバープレートを取得し、公道走行を開始し、燃料電池二輪車の市場性の確認を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV