銚子電鉄、台湾鉄路の蘇澳線と姉妹鉄道提携 4月1日に締結式

鉄道 企業動向
銚子電鉄は台湾の蘇澳線と姉妹鉄道の提携を行う。写真は蘇澳駅。
銚子電鉄は台湾の蘇澳線と姉妹鉄道の提携を行う。写真は蘇澳駅。 全 4 枚 拡大写真
千葉県銚子市の銚子電気鉄道はこのほど、台湾鉄路管理局が運営する蘇澳線との姉妹鉄道提携を行うと発表した。4月1日に締結式を行う。

台湾鉄路の蘇澳線は、八堵(基隆市)~蘇澳(宜蘭県蘇澳鎮)間93.6kmを結ぶ宜蘭線のうち、末端部の蘇澳新~蘇澳間3.4kmの区間。銚子電鉄と台湾鉄路の発表によると、銚子電鉄線と蘇澳線は「首都から2時間程の距離に位置」「太平洋に面する漁港に通じる路線」などの共通点があり、姉妹鉄道の提携を行うことにしたという。

締結式は4月1日の11時から、銚子電鉄線の犬吠駅で開催される予定。銚子市長や台湾鉄路宜蘭運務段副段長らが出席する。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV