アキュラの先進運転支援技術搭載車、販売10万台突破…米国

自動車 テクノロジー 安全
アキュラウォッチの車線逸脱警告
アキュラウォッチの車線逸脱警告 全 1 枚 拡大写真
ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは先進のドライバー支援技術の「アキュラウォッチ」の米国向け車両への搭載台数が10万台を突破した、と発表した。

新たな先進安全運転支援システムのアキュラウォッチは、「ホンダセンシング」のアキュラ版。2014年に発表された。

アキュラウォッチは、センサーなどを活用し、車両の周辺情報をもとに、通常走行時から事故回避まで運転を支援する、将来の自動運転技術につながる先進安全技術の総称。

米国ではアキュラの全ラインナップにアキュラウォッチを用意。歩行者を検知してステアリングを制御する「歩行者事故低減ステアリング」をはじめ、車両が車線を逸脱しそうな場合にステアリングを制御する「路外逸脱抑制機能」などがある。

アキュラは、「2017年1‐2月販売において、顧客のほぼ半数が、アキュラウォッチを選択している」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ