【CeBIT 2017】日産、最新の自動運転技術を発表…NASAの技術導入

自動車 テクノロジー ITS
日産リーフベースの自動運転車
日産リーフベースの自動運転車 全 3 枚 拡大写真
日産自動車は3月20日、ドイツ・ハノーバーで開幕したITビジネスに特化した世界有数の国際見本市「CeBIT」において、最新の自動運転技術を発表した。

日産は「シームレス・オートノマス・モビリティ」と呼ばれるシステムを開発。ロボットを視覚化して監視するために開発されたNASAのVERVE技術を導入している。

NASAのロボットは、予測不可能な未知の環境において、自動運転技術を使って障害を避け、安全な走行路を計算。地形上、自動運転による判断が困難ならNASAの管理者が望ましいルートを作成し、従うように指示を出す。日産も同様に、自動運転車が障害を回避して、走行する。

会場には、『リーフ』をベースにした自動運転のプロトタイプ車を展示。欧州日産のPonz Pandikuthira副社長は、「自動運転技術が未来のモビリティに革命を起こす」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲングループのCDO (Chief Digital Officer)であるヨハン・ユンクビルト氏
  • e.GO Life
  • フォルクスワーゲンのブース(CEBIT 2018)
  • ZFとDFKI(ドイツ人工知能研究センター)が共同開発したAI導入で理想的な工場生産性を実現するインダストリー4.0システム「BaSys 4.0」
  • スマート EQフォーフォー 改良新型スクープ写真
  • BMW 5シリーズセダン 改良新型(スクープ写真)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/03/27/292639.html/article/2017/03/27/292638.html/article/2017/03/27/292640.html