メルセデス Sカブリオレ、熱可塑性コンポジットシート純正採用…独ランクセス

自動車 ビジネス 企業動向
新型メルセデスSクラスカブリオレに純正採用されたランクセスの熱可塑性コンポジットシートの構造部分
新型メルセデスSクラスカブリオレに純正採用されたランクセスの熱可塑性コンポジットシートの構造部分 全 1 枚 拡大写真
ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセスは3月30日、熱可塑性コンポジットシートが新型メルセデスベンツ『Sクラスカブリオレ』に純正採用された、と発表した。

ランクセスは、世界25カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカー。2016年の総売上は77億ユーロ。全世界の従業員数は約1万6700人で、世界54の拠点を展開する。主な事業は、特殊化学品やプラスチックの開発、製造およびマーケティング。

同社が開発したのが、連続繊維で強化された半仕上げの熱可塑性コンポジットシート。これにより、大型構造部品が薄肉デザインとなり、軽量化を実現するだけでなく、複数の機能も統合することを可能にした。

純正採用された新型メルセデスベンツ『Sクラスカブリオレ』では、わずか1ミリの厚さの新しいモジュールラックを使用。多くのコントローラを、このコンポーネントに内蔵することを可能にしている。

ランクセスのユリアン・ハスペル氏は、「これまで使用されていたアルミニウムと比較すると、コンポーネントは約50%軽量化。この低重量と統合された機能によって、組み立てが容易となり、一層のコスト効果につながった」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型に搭載される世界初の後席エアバッグ。前面衝突時に乗員を保護
  • メルセデスベンツ EQS の開発プロトタイプ
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ